生駒高原音楽祭  
    「星のふる里日本一」に輝く生駒高原を舞台に、満天の星空の元で繰り広げられるエキサイティングな野外コンサートです。宮崎県内はもとより、県外からのファンのかけつける親しみのあるイベントです。  
2004生駒高原音楽祭 楽しくてごめんな祭
日時・・・・・・・・・・・・・・7月17日(土) 開場 16:00   開演 18:00  雨天決行、荒天中止
会場・・・・・・・・・・・・・・宮崎県小林市 生駒高原多目的広場 特設ステージ(野外)
               宮崎県小林市大字南西方8565-149
アクセス・・・・・・・・・・・宮崎自動車道小林インターより車で約5分
               JR吉都線小林駅から、えびの高原霧島温泉行バス 生駒高原下車(約20分)
入場料・・・・・・・・・・・・前売券 3,000円(税込)  当日券 3,500円(税込) 小学生以下は無料
チケットは、チケットぴあ・ファミリーマート・セブンイレブン・ローソン他プレイガイドにてお求め下さい。
同時企画・・・・・・・・「みやざきを食べ尽くせパート2」
              先着300人に宮崎を代表する特産品をプレゼント
☆〜浴衣でお越しの方には1ドリンクサービス〜☆
終演後は小林駅までバスにて無料送迎致します。
生駒高原音楽祭実行委員会事務局
TEL 0984−25−0506
小林市ホームページ http://www.city.kobayashi.miyazaki.jp/
出演者 JAYWALK・・・プロフィールはこちらから
小野正利 ・・・・・・・・・プロフィールはこちらから
GO!THESKIP、メトロオンゲン (小林市出身バンドも登場!)
         
    生駒高原 生駒高原は小林市からえびの高原へ抜ける県道沿いにあり、霧島連山を背景に九州山脈を眺望し、眼下に西諸盆地を展望できる標高550mの高原です。
春は菜の花、初夏はアイスランドポピー、そして秋のコスモスは見渡す限り高原を埋めつくしています。
生駒高原では1年を通して季節の花が楽しめます。
 
菜の花 古くから菜の花は菜種油を搾油するために栽培されてきた花です。
高原一面に咲き誇る菜の花は、懐かしくてあたたく、心を染める色です。
初夏 アイスランドポピー ケシ科の植物でペーパーフラワーのような鮮やかな色の大きな花が印象的な花です。
花色は赤・桃・橙・黄・白など色鮮やかな可憐な花で人々の目を楽しませてくれます。
アメリカフヨウ ハイビスカスの属する植物で30cm近い大輪の豪華な花に魅了されます。
ひまわり 夏を代表とする花で太陽に向かって咲く事で知られています。
コスモス 生駒高原はこのコスモスで有名です。秋に桜の様な花が咲くと言う意味で「秋桜」と言われます。ピンク・赤・白の可憐な花は、遠くから見るとピンクの絨毯を敷き詰めたようになり人々の目を楽しませてくれます。
1年の中でこのシーズンが一番観光客の目を楽しませてくれます。
メタセコイア スギ科の落葉高木で、春・夏・秋の花々を引き立て冬は高原の情感を醸し出します。
e-mail : info@hos-m.com

Copyright(C)2002 Pacific System All Rights Reserved.